TAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)を久しぶりに使って風景を撮ってみた


買って全く使っていない

購入したはいいものの全く使っていない

使ったのは7月にポートレート撮った時と1回用事で使っただけ

それ以外は全く使っていないTAMRON 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)


正直これ使うなら85mm F1.8の方がコンパクトだし楽なんですよね

70-200mmの部類なら軽い方だけど、それでもずっとつけて持ち歩くと重く感じる

最近これよりTAMRONから出た70-300mmの方が軽くて焦点距離長くていいなと思えて来た

ただAFは70-180mmと比べると遅いという話を聞いたので、一旦保留中です

せっかく買ったのに使わないのももったいないということで久しぶりに使いに行って来ました

横浜に行って来ました

RX1Rとα7Ⅲに70-180mmの2台体制で行って来ました

35mmより広角が欲しい場合はiPhone11だと14mm相当で撮れるのでこれで十分かなと

来たのは3時ごろですが、この季節だからか日が落ちかけてきて良い光になってきています


そして5時前にはどんどん暗くなっていきます


あたりは暗くなってもういいかなと思い始めた時

なんか赤いものが目にとまりました


何かと思って見ると月でした

70-180mmでなんとか月を撮るものの焦点距離は足りず

ただ足りないならベイブリッジと絡めて撮ろうと風景的に撮ってみました

まとめ

久しぶりに70-180mmを使ったけどちょっとした望遠にいい感じだ

α7Ⅲと28-75mm、70-180mmの二本を持って行くと外でのレンズ交換が怖い部分がある

RX1Rと70-180mmならレンズ交換しなくて済むのでいいかなと思う

ただ70-180mmなら自分の用途的に100-400mmでもいいのかなとも思ってきた

マウントアダプター経由でCanonの100-400mmだと重いからシグマの100-400mmもいいかなと思う


本当に使用用途がなかなかないんですよね・・・

この前のSUPER GTにも持って行ったが、やはりα7Ⅲのシャッターレスポンスが気になった

あとSDカードへの書き込みで3回くらいエラーが出て、もう使う気がなくなって使わなかった

これはR6へ乗り換えろというサインなのかな・・・

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする