SIGMA MC-11をα7ⅢにつけCANON EF70-300mm F4-5.6L IS USMで江ノ島に行ってみた


SIGMA MC-11を使って江ノ島へ

2月の中頃になって江ノ島へ行ってみた


α7ⅢのコンパクトなボディーにCANON EF70-300mm F4-5.6L IS USMをつけてみた

若干アンバランスで縦グリップが欲しいなと

午後2時ごろから

午後2時ごろに江ノ島について駅から海岸へ歩いてみた

霞がかかって富士山が見れなかったが、海に入る犬を撮ってみた


細かい毛まで解像していて、いいですよね

Lレンズの中では安価なものだが、これいいなと思います

同スペックで6万ほどの非Lレンズがありますが、細かい部分を見るとLレンズかな

非Lレンズでもフォーカスは早いし写りは問題ないので、完全に好みですね

実際に撮ってみた写真

実際に撮ってみた写真を載せていきたい


望遠なので必然的に鳥が多くなったかな

MC-11を使ってみてかんじたこと

実際に使ってみて感じたこと

今回はSIGMAの推奨している使い方ではない

だからそれを踏まえて書いて行きたい

AF-Cは問題なさそう

ただフォーカスが1度離れると次に食いつくまでに時間がかかる

MC-11で動体は慣れが必要かなと思います

まとめ

MC-11のテストを兼ねて江ノ島へ行ってみた

使ってみた感想として使えなくはないなと

ただAF-Cはやはり純正レンズがいいのかな

ただCANONにも魅力的なレンズがあるからこそ、これで使えると選択肢が増えますよね


50mm F1.8も純正買うより安いですし

ただ僕としてはCANON EF70-300mm F4-5.6L IS USMが使えたので満足です

そこまで動きがないものであれば全く問題ないかな

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする