Leica SLとSIGMA 45mm F2.8 DG DNで東京を撮り歩いてみた


大手町で職域接種へ

職場の職域接種で大手町へ

ワクチンが少なくて職域接種の受付が停止されている中、滑り込みで受けることができた

正直ワクチンは打ちたくない

だがF1が開催される時にワクチンを打ってない人は観戦できない


そうなる可能性も考慮し、打つことにした

オリンピックは無観客の中、一縷の望みをかけての接種

もうコロナ根絶は100%無理だから、ウィズコロナに舵を切ればいいのにね

コロナ根絶を目標にしたら、あと何年緊急事態宣言になることやら

日本政府もそうだけど、これはマスコミも悪いしそれに踊らされる人間も悪い

それが如実に現れた出来事ですね

さて、夕方の東京を撮れるなということで職場にLeica SLを持って行きました

Leica SLで撮ってみた

ワクチンも接種したので、あまり歩く回ることができない

なのでサクサク撮り歩いてみました



基本的にはjpgの設定はいじらずに、たまにモノクロにしました


Leica SLはR6とかと違って、プリセットが全くない

コントラストや彩度などを調整するだけだ

ライカが決めた色で撮りきれということだろう

流し撮りも

やはり流し撮りもしたいなということで


シャッタースピードを1/10まで落としてみました


これだけ撮れていればいいのではないのかなと

前に使っていたRX1Rよりは少し速いくらいのAF速度

かといってR6やα7Ⅲにはまったく及ばない

まあそれと同じ性能を求めるのは酷だろう

まとめ

流石に会社にLeica SLを持って行った時にはビクビクした

これがM型を買って持って行ったら、もっとビクビクするだろう

おそらく仕事にならないし、席を離れられない

Leica SLは持ち歩いて楽しいしワクワクしている


できるなら毎日持ち歩きたい

初めて買ったα5100やα7Ⅱの時と同じ感覚だ

α7ⅢやR6にはその感覚が持てなかったんですよね

おそらくなんでも撮れてしまっているのが良くないのかな・・・

自分もまさかLeicaを買うとは思わなかった

Leicaは高いだけだと思っていたが、かといってそれを否定するのは変な話だ

買っていないのに否定するのは食わず嫌いと同じですし

否定するなら自分で買って、使ってみてからでないとカッコ悪いですよね

更にお金がないという理由だけで買えないのに、それで否定するのはとてもダサいなと

ダサいこと・カッコ悪いことはしたくないので

カメラに興味もない人が、100万もするカメラを買うなんてという

もちろん10万くらいでも言う人はいる

興味ないのはいいとして、興味ない分野のお金のことでとやかく言ってくるなと思う

家族ならともかく、赤の他人がいうのは違うだろうと

M型ライカはまだいけないが、いずれは行きたいな

マップカメラでいじりまくって、レンジファインダーに慣れてきました

これでいつでもM型に行っても大丈夫です(笑)

もっとしっかり使い込んでいきます

ではまた

ps 注射してすぐは腕は痛くないですが、朝は腕の痛みで起きました

筋肉が強張った感じで、何もしなければ痛くはないですが、腕をあげる時に筋肉痛のような痛みがあります

熱は出なかったですが、腕の痛みで仕事も集中できなかったりします

もしワクチンを打たれる方は、気をつけていただければと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする