Canon EOS R6とEF24-70mm F2.8L II USMで撮るポートレート


勝負時に必要な標準レンズ

大三元の1本であるEF24-70mm F2.8L II USMを手に入れて数ヶ月

これでだめなら諦める。Canon EF24-70mm F2.8L II USMを導入
やはりここに行き着くか 先日書いたEOS R6から乗り換えようと考えた件 正直SONYに乗り換えようと考えて思いとどまった メーカー...

描写はとても良いレンズだが、如何せんでかい

そのため持ち運んだりすることも減っているが、ここ一番で頼れるレンズには間違いない

このレンズを使って改めてポートレートを撮りたいなと

実際には何度かポートレートで使ったが、ここ用には撮ってないので

今回使ったのはEOS R6


流石に7D markⅡの二台持ちは重くて無理でした

結論からいうとやはりとてもいいレンズです

今回のモデル

今回撮らせていただいたのは、この方


以前にNIKONのZ7の体験会で撮らせていただいたのですが、今回改めて撮る機会があり撮らせていただくことに

デジタルカメラマガジンDAY 2019に参加しニコンZ7を使い倒す。ニコン瞳AFもしっかり体験してきたぞ!
まずはじめに・・・ 今回モデルさんをニコンのフルサイズミラーレス Z7 で撮らせていただいた ニコンの瞳AFを使ってみて感想をバンバン書い...

2年ほど前なのに覚えていてくれたのは大変嬉しいことです

ファーストカットは開放F2.8の描写から


開放からシャープに写っていていいレンズだなと

そしてR6の瞳AFも相まって目にピントがきています

他の写真も

合わせて他の写真も載せていこう

この日が曇りだったとはいえ、動くと暑くて汗をかきます

しかもマスクをしていたから尚更

早くマスクが必要ない世の中に戻って欲しいものです

 

まとめ

今回EF24-70mm F2.8L II USMで撮ったけど、いいレンズだ

本当にこれ一本あれば撮り切れてしまう

シャープさも正直問題ないと思っている

R6のAFもとても優秀で、普通に使う分には全く問題ない

ただ被写体から離れて広角で撮ろうとすると、瞳はおろか顔にフォーカスが来ないことも


この時顔ではなく、お腹あたりにフォーカスが来ていました

この時には一旦被写体に近づいてから離れると、フォーカスが顔に来るようになります

R6の場合、タッチフォーカスで対応できるのでそれでもいいかもしれない

合わせて新しいピクチャープロファイルが、この日の天気とマッチしていい感じかなと


Canonからダウンロードできるが、みんな知らなかったりするので今度書こうと思う

R6の設定の細かさも相まって、ほぼRAW現像しなくてもいけるのではないかなと

被写体の良さをそのまま撮りきれるレンズ

合わせてEF100-400mmも使ったが、これについてもまた後日

番外編としてこんな写真も


こうしたポートレートはコミュニケーションが大事ですね

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする