カメラを持って街に出かけよう。EOS R6とRF 50mm F1.8を持ち歩いて


カメラは持ち歩いてなんぼ

ここ最近カメラを持ち歩いていなかった

正直カメラを持ち歩くこと自体が面倒に感じていた

持っていっても一枚も撮らなかったら、ただの重りになるからだ

ただそれも良くないなと思い、持ち歩く様にしてみた

装備は

持っていくカメラの組み合わせはEOS R6とRF50mm F1.8

この軽量コンビで持ち歩いている


RF50mm F1.8は購入してあまり使っていなかった

緊急開封!Canon RF50mm F1.8 IS STMが手に入った!
簡単に手に入ってしまった 12月24日に発売されたRFマウントの50mm F1.8 ヨドバシカメラとカメラのキタムラで予約していたもの...

理由としては開放での描写が甘めで、あまり好きでないということ

それであまり使わなくなって、売ろうかなと考えていた一歩手前

描写が甘いなら絞ればいい、そもそもスナップに開放は必要ないかなと思えてきた

それに軽いし小さいし持ち運びには便利

となればもう一度使ってみようかなと

実際に撮ってみて

実際に色々なところに持っていってます

平日も持ち歩くようになりました


良い風景があってもスマホでは撮るのが億劫でも、カメラなら撮りたくなる

やはりカメラを持っているといろいろしたくなりますね


そして何より絞ると一気にシャープになります

個人的にはF5.6くらいがベストかなと

あとは動きものの際はやはりフォーカスが合うのが遅いから不向きかな


それにフォーカス音もうるさいです

まあこれはLレンズのUSMに慣れているというのもあるが・・・

まあ気軽に撮るなら全く問題ないと思います

まとめ

やはり24-70mm F2.8を持ち歩くのは疲れます

写りはいいけど、これで撮り歩くのは仕事以外はちょっとな・・・

やはり軽さは正義で、R6と50mm F1.8の組み合わせいいですね


そしてこの50mmは絞ってナンボですね

開放はオールドレンズの様にふんわりとした写り

ピントが当たっている面もふんわりしていて、シャープでないのが自分の中でマイナスだった

ただ絞ることでシャープになっていくので絞った方が好きです

そう考えると大三元や高価な単焦点の開放でシャープのレンズは凄いですね

そりゃあ高いわけだなと

これからもガンガン使い倒していきます

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする