SUPER GT テストをCanon EOS R6と7D markⅡで撮りに行った


雨予報の日曜日

山の天気は変わりやすいです

土曜日が急遽行けなくなり、日曜に変更したが雨予報

日頃の行いが悪いかなと思いながら富士スピードウェイへgo

9時40分から12時までセッション1だったが、微妙に雨も降っていた

路面も濡れていたし、どうなるのかなと

とりあえずレインコートを着て、荷物は最低限にした

雨の日こその一眼レフである7D markⅡ と100-400mmとテレコン

これと貴重品と、どんと雨来いという気合だけ持っていきました

雨は止んでいるがコースには雨が残っている状態


いつ降ってもおかしくない中でも、徐々に晴れ間も見え路面も乾いてきた

最初はヘアピンからスタートで金網を打ち抜いて撮ってみた

ヘアピンの脱出


やはりテレコンで焦点距離が伸ばせたから撮れたかなと

途中でセーフティーカーが入り、ゆっくりな走行へ


そしていつもの定番コカコーラコーナー


定番かつ人気スポットだけあって人が多かったです

さらに初めて1コーナーの内側へ

ここもフェンスがあって、ぶち抜かないといけないところ

だからある程度焦点距離が無いと難しいし、下から見上げながら撮るのでまた難しい

今回テレコンをつけた関係で中央一点AFになったのもあって非常に難しかった


テレコン外せば良かったな…

しかもメインストレートからフルブレーキで進入してきても、それでも結構速い

なかなか思うように撮れなかったです

その後は1コーナーを抜けてコカコーラコーナーに入るまでの短いストレートで後ろ姿を

網目に対して斜めに入らないと行けないから、アングルが難しい


ちょっとでも動いたらすぐに金網が入るので、結構シビアです

午前のセッション終了

午前のセッションが終わり2時間の休憩

この間に本格的に雨が降ったりやんだりを繰り返し

これやばいかなと思っていたら、2時には雨も上がりました

その後微妙に降ってきたものの、すぐに止んだ

そしてもう雨は降らなそうだと感じ、R6へ


ファインダーの見え方などに戸惑うも、これはこういうものだと慣れることに

それよりも戸惑うのは画角の広さ

560mmもあるから大丈夫でしょうと思っていたら、意外と広いです

午後のセッションは1時間なので、今回は特に動かず撮りました

最後にスタート練習をしていたので、メインスタンドから撮って終了

まとめ

雨予報ではあったがなんとか天気がもってよかった

これも日頃の行いが良いからかなと

そしてR6やテレコンをつけた100-400mmが試せた

これはまた書くつもりだが、7D markⅡにテレコンはきつい

エリアも中央一点AFなので、やはり難しい

金網をぶち抜くときにも、正面に向かってくるシーンと逃げていくシーンにはいけた

ただ明らかにAFのスピードは落ちるし、迷うことも多かった

R6は迷うことはあったが、問題なく食いついてくれた

多分テレコンの影響だと思うが、7D markⅡよりはテレコンつけてもAFは効いてくれる


モータースポーツでも意外といけるなという印象

これについてもまた別で書いていこうと思う

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする