F1日本グランプリ2019をD500で撮る。白熱の予選、ベッテルがPP取ったよ編


雲一つない快晴

※一部iPhone7での画像も混じっています

土曜日には過去最大の台風が上陸

名古屋にいたがどこもかしこも閉店

ホテルに一日いて、夜はホテルの隣にある居酒屋で夕飯

とにかく何もせず過ごしてしまった


朝5時半の栄にあるドンキの観覧車

朝ごはんを買いに出たところを、カメラを取りに戻って撮った一枚

この幻想的な色で最高の天気になるなと確信

予想通り土曜とは一転して日曜は雲一つない快晴


10時の予選に間に合うように6時半には名古屋を出発

9時前には着いてどこから撮ろうか下調べ

朝から缶ビールを飲むも、日本人はハイネケンよりスーパードライがいいな

ヘアピンからスタート



一番前にある金網に張り付いて、望遠レンズでぶち抜いて撮ってみた


D500で420mm(630mm相当)の撮影

少しでも動くと金網が写る為、シャッタースピードを速めて撮影



たまに1.3倍クロップを使って819mm相当


結構アップになりますね

ドライバーのヘルメットをアップでという感じです

そして630mm相当だとマシン全部が入りきらない

ヘアピンを曲がっているところでようやく全部入れられます

さて予選の話でも

10時から開始した予選

開始早々にクラッシュして赤旗中断という波乱の展開

中断中に撮影した写真を見て失敗したのを削除したり、設定をいじったりしました


突風が吹いてマシンのコントロールが出来なくなったのが原因との事

やはり車体の軽いF1ではこれはどうしようもないことかもしれません

Q1,Q2が終わり、最後のQ3でフェラーリのベッテルがスーパーラップ


コースレコードを塗り替え堂々のポールポジション

本当にすごかったと同時に決勝でやらかさないでくれと祈るのみ

やっぱりフェラーリが好きですからうれしいです^^


多分マシンから降りてこんな嬉しいポーズしてるんでしょうかね笑

ヘアピンで撮影して予選を終えました

ここは斜面になっており上の方に行けば流し撮りもできます


ただここの斜面が歩きづらい

カメラやレンズといった高価で大事なものを持って移動するからこそ、もう少し何とか整備してほしいなと思います

そしてここで撮影したデータがSDカードの故障で読み込めず

事前にバックアップを撮っていた何枚かのjpegしか残っていなかった・・・

良く撮れたものもあったのに残念です・・・

とりあえず残った写真を若干編集して載せます

次は決勝編を書きます

ではまた

最後にα7Ⅲで撮った画像もいくつか







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする