iPhone11をさらっとレビュー。iPhone11にしてみてすぐに感じた元iPhone7ユーザーの本音


ついに変えてしまった

もともとiPhone7を使っていましたが、1年以上前に落として液晶が割れてしまった


本来なら液晶を直すべきであるが、問題なく使えるということで放置

iPhone8やiPhoneXなど新機種は出ていても別に触手は動かず


今回変えたのはいくつか理由がある

1.画面交換だけでも高い

まあそりゃあ当たり前なんだけれども・・・

画面の交換で約1万6千円ほど

そこに液晶保護フィルムの買い替えなど入れたら約2万になる

買ってすぐの機種なら別に問題ない

ただすでに2年使って来た機種で、ここから2万も出して直すのかと

だったら数万足して新しい機種買ったほうが良くないかということ

2.iPhone7のサポートがいつまで続くか

発売したのが3年前なのだ

今でもiOSのアップデートの対象になっているが最新機種の方がサポート期間は長い

自分の予想では長くて2-3年くらいかと思っている

だったら新しい機種を買って長く使った方が良くないかということ

現行で売られているiPhone8でもよかったが、同じようなものに変えるのもなんだかなと

3.バッテリーの容量

やはりバッテリー容量も大事だ

そもそもiPhone5sから変えた理由がバッテリーが劣化したから

1日もたないのは流石に仕事でまずいということだからだ

iPhone5sにしたけど結局iPhone7に戻した話。そしてそこで得た教訓
やっぱり売らなければよかったな はい。結局戻しました。iPhone7に ちなみに新品のSIMフリーを購入 完全にやってしま...

iPhone5sから変えて流石にバッテリーの持ちは良くなった

しかしすでに2年も使い続けていてバッテリーも劣化している

現に10%になったら一気に1%まで低下するのだ

7は新品状態で1960mAh、11は3110mAhらしい

結構容量が違うのだ

7のバッテリーを交換する方法もあるが、それで1万くらいかかる

画面の修理と合わせると3万近くはかかってしまうのだ

だったら多少お金出して新しくて容量大きい方にして長く使ったほうがいいかなと

実際に使ってみて

まだ使って2日くらいだが、ここで感じたことを書いていきたいと思う

1.結構でかい

iPhone7と比べると結構でかい

縦は12.6mm長くなって親指が上まで届かないのだ

そして横も8.6mm長くなった


iPhone7でも最初は大きいと感じていたのだが、いつの間にか慣れた

iPhone11もいずれ慣れるでしょうが、結構でかいんだよね・・・

2.結構重い

前に使っていたiPhone5sは112g

そしてiPhone7は138gと26g重くなった

26g増えただけでも当時は相当重く感じたが、今ではどうってことない

しかしiPhone11は194gと一気に56gも重くなったのだ

たかが56gと思うかもしれないが、毎日持ち歩いていると負荷は結構かかる

大きさと重さに慣れるのに必死だ

3.やはり指紋認証が現時点で楽

やはり指紋認証が結構楽だ

ホームボタンに親指乗せれば一発でロックが解除される

顔認証は顔認証後に自分で下から上にスワイプさせないといけない

顔認証後に一発でロックが解除されないのはどうなのかなと思う

あとは縦で顔を登録したが、iPnoneを横向きにしていると顔認証してくれない

もしかしたら横向きでもう一度顔を登録すればいけるのかもしれない

しかし横向きでわざわざ登録しなければいけないという手間が面倒

そしてそんなことまでしないといけないのかと思う

本当に指紋認証は楽で、今からでもアップルには変えてもらいたいと思う

4.背面につく指紋が目立つ

背面がガラスということで指紋が本当に目立つ

iPhone7だとジェットブラックが指紋目立ちましたが、それ以外の色は全く目立たず

iPhone11 Proはガラスでもマットで全く指紋が目立たないのだ

それもわかってて11にしたんですが・・・


そして背面がガラスということは、落としたら背面も修理しなければいけなくなる

これまで液晶面だけ注意してればよかったが、今度は背面も気をつけないといけない

iPhone7の色好きだったんだけどな

5.カードリーダーが遅い

ソフトウェアも最新にしたのに、SDカードリーダーの読み込みが遅い

iPhone7の場合はどのくらい入っているか一気に出て来て、そこから画像の読み込みが出る

だからどのくらいの枚数がSDに入っているかすぐにわかる

しかしiPhone11では枚数も一気には読み込まれない

2千枚とか入っているSDから数枚のデータを取り込みたいといった時、結構面倒だ

ただこの問題は以前iPhone7でも同じ状態だったが、アップデートで改善された

同じように改善を求めたい

まとめ ワクワクしないけど、すごいんだなと

今回カメラに超広角が追加されたがまだ試していない


まあ普段iPhoneでは写真を撮らないので、機会があれば試そうかなという感じ

ただ13mmといった超広角はカメラでもあまりレンズがない

こうしたレンズは得てして高く、なかなか手が出せないのだ

それが簡単に使うことができるのは、すごいなアップルと思う

そしてもう一つすごいと思うところがある

今回iPhone11を買うときに全くワクワクしなかったのだ

誰でも新しいものを買うときには少なからずワクワクする

α7Ⅱからa7Ⅲに変えた時も結構ワクワクしたのに、今回はそれがない

理由としてiPhone7で使っていたアプリや画面がそのまま引き継がれる

それもiPhoneの指示にしたがって、携帯を近くに置くだけだ

本当にストレスがない、あるとすれば待つ時間くらいだが、それはしょうがない

今までと全く違う機種なのに、これまでと同じ使い心地で使うことができる

だから新しく買って、これはどう使うんだという迷いがほぼない状態

現実にはあるのだが、それでもこれまで通り使えて特に問題がない状態なのだ

問題があればそのとき調べて直せばいいだけ

これって実は結構すごいことなのかなと思う

新しいものを買ったときに起こるであろう迷いによるストレスが少ない

言うなればお箸を変える感覚

食べるために誰もが使うであろう箸だが、今では1日のほとんどスマホと一緒だ

箸も重さや太さが変われば今までと感覚が違うが、基本的な使い方は一緒だ

iPhoneも同じような感じなのだ

これは自社でソフトとハードの両方を作っている強みなのかもしれない

ただ逆にいうとちょっとした改良ではユーザーがワクワクしなくなっている

このさじ加減は難しいし、今後のアップルにとってさらなる課題なのかなと

iPhone7にした時も5sと比べて重いだの大きいだのカメラ出っ張ってるだの

散々こき下ろしまくった過去がある

不思議なことに慣れて来たらしっくり来てしまったんだよね

今回もそうなることを願いつつ、どうしても慣れなければ手放そうかなと

最低でも3ヶ月から半年つかってみます


またそのときには書いてみようと思います

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする