Canon 7D markⅡの次のレンズが見つからない。次のレンズ候補を考えてみる


次に何に行くべきか

この間手に入れた7DmarkⅡ

ごめんD500。Canon EOS 7D markⅡとEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMに変えた話
変えたいと思わなかったのに なぜかここに来てしまった いや、前にも何度同じことを考えていたが頑張って黙殺していた それほどまでにLレンズ...

悩ましいことに次のレンズを何にするか

Nikonの時と違い、選択肢がありそうでない

そんなことないと思う人は多いと思う

そこで自分の考えを書いていきたい

1.レンズが手頃な値段とスペックがない

やはりこれだ

Nikonを使っていた時はaps-c専用ながら35mm f1.8が2万で手に入ったので使っていた

35mm換算で52.5mmのf1.8と使いやすいスペックだ

しかしCanonではそういったスペックがない

f2.8の単焦点はいくつかあるが、やはり単焦点はf1.8は欲しいなと

では50mm f1.8でいいのではと思うかもしれないしかし7D markⅡでは80mm相当で使いづらい

そしてAFが遅い

sonyの85mmf1.8を持っているが、あのAFの速さを知ったら流石に使えない

2.サードパーティーの不安

SIGMAやTAMRONといったサードパーティー製レンズもある

ただ実際にはサードパーティーはAFに不安がある

標準域なら正直気にはならないのかもしれないが、以前に使っていたtamronの100-400mmあれはF1を撮った時にダメだと思った

しかも望遠域は手ぶれに特にシビアになってくる

そこでやはり望遠は純正を買おうと思った

とはいえα7Ⅲではtamronの70-180mmを持っているサードパーティーだが、キャノンと違って技術開示をしてもらっていること

さらに一眼レフ特有の前ピン後ピンがミラーレスにはないこと(理論上では)

あとは安かったこと笑

今の所F1は7D markⅡで撮るつもりでいる

1年に1回しか撮ることができない被写体だからこそ失敗したくない

そこでサードパーティーでケチって撮れなかったら意味がないのだ

だから純正の100-400mmにしたし、これで撮れなければ腕がないだけ

まとめ

正直真面目に2本目のレンズについて悩んでいる

今の所考えている候補が24-70mmF2.8

いわゆる大三元レンズだ

もしこれを買ったらCanon,NIKON,SONYの純正24-70mmをコンプリートする

Nikon AF-S 24-70mm f/2.8G EDを購入し大三元祭り。SONY FE24-70mm F2.8 GMやTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)と違いを簡単に比較
なぜそこへ行ったのか・・・ 自分でも意味が分からない 目的は望遠での活用を考えていたので、大三元レンズは買うつもりなかった ...
SONY FE 24-70mm F2.8 GMを購入。普通のモノが普通に写る極められた標準ズームレンズ
普通が一番 誰が言ったかわからないが、「普通が一番」 人生普通が一番つまらないことでもある反面、普通に生きることがどれほど難しい...

多分これ一本買えば他はいらないかなと

そしてR6に乗り換えても使えるのだ

ただ重いしでかいし高いのが悩みの種

ちなみに24-105mm f4も考えていて、一回使ってみた

感想としては描写が結構甘めであまり良い印象は受けなかった

だからこれは無しかなと

あとはSIGMAの35mm F1.4かTAMRONの35mm F1.8か45mm F1.8

実は自分のではないが45mm F1.8は手元にある

今度テストを兼ねて撮ってみたいなと思っている

45mmも7D markⅡでは72mm相当になるので使いづらいかもしれない

また使ってみて感じたことは書いてみたいと思う

ではまた



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする