Tamron SP 45mm F/1.8 Di VC USDをCanon 7D markⅡで使ってみて。


何気にいいレンズ

Tamron SP 45mm F/1.8 Di VC USDを借りたので使ってみた

αではタムロンレンズを2本所有している自分も、一眼レフ用は持っていない

前にも書いたがレンズは基本純正がいいと考えていて、一眼レフは特にそう

鈴鹿に持っていったタムロンの100-400で、特にそう感じた

全てリバースエンジニアリングだからメーカーからデータをもらっているわけで

はない

せっかく撮ってピントが合わなかったらがっかりだし

その点ソニーはライセンス契約でEマウントの情報を開示している

それがEマウントを使う理由でもあるかもしれない

話は逸れたが、この45mmはあまり良い評判をきかないのだ

だから実際に使ってみた

実際に撮ってみて

もちろん使用ボディは7D markⅡ


APS-Cなので焦点距離は1.6倍の72mm相当になる

やはり結構大きくなりますね


まあ縦グリップつけているからしょうがないんですが

果たしてAF最強のこのカメラにレンズがどこまで付いてこれるのか

そして全て開放F1.8で勝負で全て撮って出し

まずはじめに撮った写真がこちら


目にピンと合わせたけど、これ良いですよね

肌の感じも良くて、シャープで良いなと思うんですよね

ボケの感じもいいですし、何がそんなに悪いのかなと


上の写真だけF4くらいまで絞りました

開放で勝負したのに、途中で負けてしまいました・・・

まあ写真が良ければ全ていいかなと

そしてあえてアンダー目に撮った写真


タムロンのレンズとCanonのセンサーの組み合わせなのか、

色の出方がソニーと全く違います

何かこの感じ好きですね

やはり気になった…

はい、やはり気になりました

AFのスピードが遅い

正確にいうと遅くはないんですが、カメラでは合唱したと出ても、キチンと合っ

てないことも多々ありました

だから合ったと思って撮ったら合ってないカットが沢山ありました

実際にこれも目に合わせたのですが、手前の葉っぱに合ってしまいました


その点ニコンの35mm F1.8はすごかった


APS-C専用ながらも二万で写りも良くてAFも速いし、ほぼバッチリ決まってました

D500の性能もあるのでしょうが、あれは凄かった

D500ユーザーは絶対買った方がいいですよ

まとめ

値段も60,000行かないで買えるレンズ

この値段でこの写りはいいですね


APS-Cでレンズの美味しい部分しか使ってないからかもしれないですが…

フルサイズでの周辺の画質とかも見てみたいと思います

ただ自分みたいにAFに速さと正確さを求めてる人間はダメかなと

じっくり撮って1枚1枚その場でチェックするなら問題ないかと思います

だから逆にライカとか使ってみたいんですよね

あえてピントが合わせづらいカメラにマニュアルレンズでどのように撮れるのか

次のカメラはライカモノクロームかな・・・頑張ります

今回は7D markⅡで使ったから若干中望遠になったが、85mmほどではない中望遠感が好きです

普段ミラーレスを使っていると瞳AFで簡単にピントが合いますが、一眼レフはなかなか難しいですね

前ピンとか後ピンとかきちんとメンテナンスできればいいんでしょうが

それも含めての腕なので、次回へ生かそうと思います

ちなみにこれはα7Ⅲと85mm F1.8で撮ったもの


しかも開放で撮ってますが、目にピントが来てます

窓越しで撮ってもバッチリ瞳に食いつきます

やはり時代はどんどんミラーレスになるのかな

今回7D markⅡをがっつり使ってD500と比べて感じたこともありましたので、それはまた次回

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする