SONY α9やα7ⅢにCanon EOS R6から乗り換えるのを躊躇う理由


EOS R6から乗り換えたいと

この記事を書いてから結構放置していた

たまたま見つけてこの機会にあげようかと思ってあげることにした

前にEOS R6を購入したが正直自分の中には合わないなという感じだった

Canon EOS R6を使ってSONY α7Ⅲに戻そうと考えたが・・・
最初に使ってみて感じた違和感 何ヶ月か前に購入して使っていたCanon EOS R6 SONY α7Ⅲと比べると画素数は400万画素少...

理由は上の記事に書いたが、パソコンでシャープに写っているのが良い写真だと思っていたからだ

ただそれもメーカーの絵作りの違いや使うレンズで多少は変わるのかということで保留中だ

でも実際に乗り換えを考えた時にα7Ⅲなどを改めて触ってみた

そこで改めて考えさせられたことがあった

実際に乗り換えを躊躇うポイント

では実際にCanon EOS R6からSONYに乗り換えるにあたり何があるのか

冷静に考えてみた

1.グリップ

EOS R6を握ったあとでα7Ⅲとα9を持ったらグリップが浅いなと


しっかり握れなくてちょっぴり怖い感じがした

α9Ⅱは上の2つよりしっかり握ることができる

R6のすっと握ることができるグリップはとても良いので、写真を撮る時には大きな武器になる

2.α7Ⅳの存在

いずれ出るであろうα7Ⅳ

いつでてもおかしくないタイミングでα7Ⅲを買い戻すのはいかがなものかなと

α7Ⅲも良いカメラではあるが、今のタイミングではないかな


しばらくは併売される可能性があるから、α7Ⅳが販売されたタイミングで選ぶのもありかなと

3.α9のバッファと連写とメディア

やはりここがネックになると思う

というのはSONYの場合、非圧縮RAWで撮ることができるので1枚あたりの情報量が多い

ということはSDカードへの転送速度が肝だ

しかし連写をすると残念ながらSDカードでは追いつかないくらい

CanonやNIKONの一眼レフのフラッグシップ機はSDカードを使っていない

高画素であるEOS R5でもCFExpressとSDカードの組み合わせだ

AFがいくら良くても連写しすぎて、シャッターを切れなかったら元も子もない

それに非圧縮RAWだと秒間20コマ/秒にならない

せっかくなら高画質で撮りたいのに、意味ないなと思えてしまう

4.レフ機が使えない

Canonのメリットとしてレフ機があるところ

モータースポーツを撮る時にはやはりレフ機が必須だと考えてしまう


理由としては撮像素子と別にAFセンサーを一眼レフは持っている

ミラーレスのようにセンサーに組み込まれていない

いくらミラーレスのAFが良いからといって、餅は餅屋だ

AF専用で持っていた方がいいだろう

あとは慣れの部分かもしれないが、光学ファインダーの自然な見え方がいいのかなと思う部分もある

長年プロのニーズを満たしてきた技術力があるから、滅多に撮れないF1でも撮りきれると思えてしまう

これで撮れなければ自分の腕のせいだ

逆に変えたいなと思う部分

逆に変えたいなと思う部分もある

1.ストロボ同調速度

α9やα7Ⅲは1/250に対して1/200となっている

ほんの一段かもしれないが、ここの一段が意外と大きな差だ

7D markⅡは1/250なのだから、ここはいただけないかな

2.デザイン

これは完全に好みだが、ぶっちゃけデザインが好みでない


自分はSONYの角ばった感じが好きだ

かっこいいんですよね

一眼レフの丸みを帯びたデザインに慣れていたからかもしれないが、それとは真逆な感じで好きです

多分デザインの好みで長く所有していたいという気持ちになってないかもしれない

α7Ⅱも含めて2年ほどずっと使っていたから、慣れているかもしれないですし愛着があるんですかね

だからEOS R3のデザインもかっこいいとは思えないですし


ただメニューの使い心地とかはやはりCanonに一日の長があります

SONY機に慣れていると、エッ!?という部分もありますが総じて使いやすい

まとめ

R6はもちろんいいカメラ

7D markⅡをまだ使うつもりだからこそ、EF100-400mmを一緒に使えるのは大きい


EF100-400mmは本当に良いレンズです

これがあるからNIKONから変えたし、まだまだ使っていきます

R6はデザイン面を除くと普段使いには問題ないし十分すぎる

ただ正直ワクワクしないという部分があるというか、見ていてかっこいいなと思うことがなくなった

そこが自分の中で大きなポイントかもしれない

だからこそSONYも一台いいかなと思ってきてしまっている

それかライカSL

さすがにSL2とSL2-Sは高くて予算オーバーです

憧れという部分では1DX系がかっこいいと思えてきた


やはりF1や様々な現場で使われているところを見ると、本当にかっこいい

どんな現場でも仕事をこなせる、まさにオールマイティーな一台

しかも撮れないものはないという圧倒的性能

大三元や望遠単焦点を付けている時は特にかっこいいです


ただ1DX系は正直そこまで使用用途がないから、宝の持ち腐れになる

使いやすいカメラを持つのも正解

自分がかっこいいと思うカメラを使うのも正解

仕事なら前者ですが、趣味なら後者ですよね

まあじっくり考えてみようと思います

購入前にいろいろ感気ている時間が楽しかったりしますからね

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする