キャノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを購入。やはり最強ズームかもしれない


やはりキングオブズーム

正直な話、ズームって便利だ

ただその便利さにかまけて足を使わなくなる

それも事実で、でも一番の優先は写真にきちんと収めること

身動きが取れない状態で、単焦点のみだと画角の調整ができない

これはモータースポーツでも同じで、写真の撮る場所は限られている

望遠単焦点の方がキレがあるが、あの重いレンズを持って歩き回ることができない

そこで望遠ズームの出番だ

Canonに変える段階で買うと決めていた一本

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM


憧れのLレンズ

少ししか使っていないが、やはりキングオブズームだ

実際に見てみよう

外観は白

これは暑い環境で使用してもレンズが熱くなりにくい

真夏の過酷な現場でも安定した画質で写真を撮り続けるためだ

重さは1570gで結構ずしっとくる

今まで1kgオーバーのレンズは使ってこなかったので、扱いが難しい

三脚座もついていて、三脚につけながら縦構図も簡単に設定できる


レンズフードには窓がついていて、PLフィルターなどの調整ができる


そしてレンズの先端に赤いライン


これがCanonの最高峰レンズであるLレンズの証

実際に撮ってみた写真

本当に数枚だが、撮った写真を載せていこうと思う

まとめ

重量級だが写りはとても良い

それにフォーカスの合うスピードも速い

重いがレンズ内の手ぶれ補正が効いているから、結構いい感じだ

7D markⅡとのセットも申し分なく、これで早くF1を撮りたい

あとはEOS R6との組み合わせも気になる

EOS R6の出来次第では本気でαから乗り換えも検討しようかと思います

早くコロナが落ち着いて、様々な場所で撮り歩きしたいですね

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする