sony FE24-70mm F2.8 GMからTAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXDに乗り換えるべきか否か


本当に迷う・・・


カメラを知っている人であればF値2.8通しのズームレンズはいずれ欲しいと思う人も多いのではないか

F4通しのレンズもあるが、それよりも1段明るいため良くボケ、暗いところでも安心して使える

F値が小さいほど光を多く取り込め、ISOが上がりにくくなりノイズが出づらい

せっかくの写真を撮ってもノイズが盛大に入っていたら元も子もない

ノイズを出さないようシャッタースピードを遅くして光を入れる時間を長くしても、今度はブレというリスクもある

正直僕みたいな初心者が使うべきレンズではないのかなと思うが、いかんせん高い

しかしどうしても使ってみたい為高いのを承知でsony FE24-70mm F2.8 GMを買った

IMG_0903
しかし最近出てきて自分もモニターしたTAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXDに心が揺れている事がある

IMG_2935
さすがに2本もいらないのでFE24-70mm F2.8 GMを売却して買うが、いまだに迷っている

FE24-70mm F2.8 GMから乗り換えたい理由と乗り換えたくない理由について書いていきたいと思う


まずは乗り換えたい理由


やはり乗り換えるには理由が必要だ

そこで自分の中で考えている事を書いていきたいと思う

1.乗り換えてもおつりがくる


TAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXDは約90,000円で販売されている

今FE24-70mm F2.8 GMを売却すると約16万くらいとの査定

スクリーンショット 2018-07-16 0.38.36 ※2018年7月16日現在


キズや不具合があれば減額はされるが、売却して購入しても約7万位は返ってくる計算

これを望遠レンズや他に使うことが出来るというのが大きい


2.コンパクト


普段持ち歩く時は出来るだけコンパクトで軽い方がいいに決まっている

IMG_2928

だからFE24-70mm F2.8 GMより約300g軽くコンパクトになるのでベストかもしれない

しかもレンズ自体も細く持ちやすい


3.寄れる


やはり寄れるのは大事だと思う

DSC08634

今まで撮れなかった写真が撮れ、面白いかなと思う

FE24-70mm F2.8 GMでは撮れなかった写真を撮れるのは乗り換えるのに大きなポイントかな


乗り換えたくない理由


乗り換えたい理由があると同時に乗り換えたくない理由も3つあります


1.純正が一番安心できる


やはり純正だからという安心感があります

いくらソニーからライセンスを受けているとはいえ、何かあった時には純正が一番

不具合などもすぐアップデートしてくれるし、本体を作っているからこそマッチングが常に考えられている

やはり困った時は純正かなというのがあります


2.ボディとのミスマッチ


これは実際に見て感じたことですが、ボディーとレンズの表面がミスマッチなんです

αのボディーの表面は黒で少しザラザラした感じの表面

FE24-70mm F2.8 GMの場合素材は違えど色もボディーと同じですし、表面のザラザラした感じも同じ

IMG_7328
だから統一性があってとてもかっこいいです

しかしTAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXDは表面がツルツル

IMG_2934
α7Ⅱと組み合わせた場合、色は合っていても表面のミスマッチが気になります


3.フォーカスの切り替えスイッチとボタンがない


オートフォーカスかマニュアルフォーカスかをレンズ側で切り替えられないです

IMG_7326
もちろんボディー側で変更は出来ますが、そのためにはボタンの機能割り当てを変えないといけない

更にフォーカスホールドボタンも割り当てているので、これが無くなるのは地味に痛いです

IMG_7327

4.逆が出来ない


これは何かと言うと、今は2470GMの売却でTAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXDを買ってもおつりがくる

しかしその逆でTAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXDを売って再度買い直す時には持ちだしが増えてしまう

もしかしたら将来またFE24-70mm F2.8 GMが欲しくなる可能性もある

サードパーティーのレンズだと売却価格が純正に比べて低くなる傾向がある

だから売却価格も低くなり、持ちだしが増えてしまう可能性も

だったらこのまま使っていた方がいいのかなとも考えてしまう


5.人気である


このタムロンのレンズは多くの人が注目しているだけあって品薄である

確かにF2.8通しと10万を切る価格だと誰でも惹かれてしまう

しかし裏を返せばみんな持っている可能性も出てくる

写す写真が大事とはいえ、人とかぶりたくないなという一面もある

それにすぐに手に入れられないのであれば、無理して変える必要もないのかなと


まとめ


乗り換えたい理由と乗り換えたくない理由を書いていたら、乗り換えたくない理由が多かった

ということは乗り換えるなということなのかもしれない

ただまだ悩んでいる部分はあるので、もう少し検討してみたいと思います

多くのプロや上級者も使っているF2.8のズームレンズ

IMG_7330
当然カメラメーカーも威信をかけて開発しており、画質も非常に良い

しかしそのトレードオフとして大きい・高いという代償が

特に自分の使っているソニーのレンズは高い

キャノンやニコンではサードパーティーのF2.8通しのレンズも出ています

純正よりも安い値段で販売されているが、ソニーでは純正一択

30万のGMしか選択肢がなかったが、そこに突如現れたタムロンの28-75

そりゃあ注目されないわけはないですよね

Youtuberのジェットダイスケさんも比較動画出していましたが、画質自体はあまり変わらないんですよね





そこも困っているところではあります

ただ基本的にソニーというブランドが好きなんですよね

IMG_7321
だから出来ればソニーを買いたい

いくらFE24-70mm F2.8 GMが高い重いと言われようと、ソニーを応援したいという気持ちもあります

今回書いていてどちらも一長一短はあります

それをどこまで受け入れられるか

多分僕と同じように考えている人も少なからずいるのではないかと思います

そんな方やこれから購入を考えている人の役に1ミリでも立てたら幸いです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする