ニコン D500で多重露光を使って楽しく撮ってみよう


写真とはなんなのか

「真実を写す」

これが写真なのだと思っていました

しかし元のphotographという単語を読み解いていくと・・・

ギリシャ語でphotoは光、graphは描くという意味になります

つまり写真は「光で描かれた絵」ということになるのかなと

真実を写すというものでなく、絵画的な意味合い

一枚の写真に様々な選択肢があってもいいのではないのかなと

多重露光という選択肢

写真として残す中で、編集の仕方により仕上がりは様々です

基本的には単写のものを編集する中で、複数枚の写真を合成し1枚の写真を作る

多重露光という立派な手法ですが、これもありなのかなと

というわけで早速撮ってみました

使った機材

ニコン D500


ニコン AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G


ニコン AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR


多重露光がカメラ単体でできるD500を今回使いました

α7ⅲは全くそれができないんですよね・・・

α7ⅱまでは別途アプリを購入すれば使えたのが、α7ⅲではそのアプリすら非対応に

そんなわけでD500を使います

実際に撮った写真

新宿の都庁で夜景を撮ってみました


まずは丸ボケを作るようにして1枚目を撮り、2枚目はきちんと撮り合成

多重露光により夜景のライトが強調された感じにしてみました

ちょっとやりすぎ感は否めないですが、こういうのもありかなと

そして玉ボケが綺麗になるレンズいいです

そうしたらこの写真ももう少し綺麗になったかなと

まとめ

多重露光で撮ってみたが、結構楽しいです

写真の新しい楽しみ方を発見できたのかなと

また今後もやっていこうと思います

多重露光ができるカメラがある人はやってみたほうがいいです

これ楽しいですので

多重露光にもいくつかあるみたいなので、また試して載せます

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする