タムロンから70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)が発表。SEL135F18GMと迷っている自分


タムロンからの発表

コロナウィルスによる世間の自粛ムード真っ只中にタムロンからついに発表された望遠レンズ

70-180mm F/2.8 Di III VXD(Model A056)


とうとうきました

今まで開発中といって全く動きがなかったレンズ

とうとうきました

実売も13万を切るくらいなので純正の70-200mm F2.8 GMよりお買い求めやすい価格だ

飛びつきたいと思う反面、迷っている部分もある

飛びつきたい理由

飛びつきたい理由はもちろん価格だ

純正の半額くらいで買えるからこそ、気軽に手が出しやすい

そしてコンパクトだ

旅行に望遠レンズを持っていくこともできる

旅行での撮れる写真の選択肢が増えるのは大きい

あとは使いやすい画角だ

ポートレートで使う85mm、105mm、135mmが一本で使える

しかもF2.8通しだから明るさも十分だ

利便性がとても高いのは大事だと思う

そしてAFがすべて使えるのが大きい

MC-11だとAF-SとAF-CのみでAF-Cは秒3コマでないと追従しない


秒10コマではAFが1コマ目に固定されてしまう

つまり本来のカメラとレンズの性能を生かし切れていないのだ

望遠でこれは致命的だからこそ、こういった制約がなくなるのはうれしい

迷っている要因

ここからは迷っている部分を書いていこうと思う

1.持ち出す機会がどうか

正直な話持ち出す機会があるかと言われたら、うーんという感じだ

もちろんポートレートで使えるが、現時点で85mm F1.8の単焦点でいいかなと


単焦点の方が画角の迷いがなくなるのがある

そしてモータースポーツに持っていくとしても距離が足りない

テレコンも対応していないみたいだから、焦点距離は伸ばすことが出来ないのだ

そう考えたら微妙かなとは思う

もっと望遠域が欲しくなるはずだ

クロップをすれば270mmまでできるが、α7RⅣのような高画素機でないと意味がない

2. SEL135F18GMが気になっている

正直SEL135F18GMが気になっている



これまで使ったことがない画角で、写りはとても評判がいい

使ってみたい気持ちがとても強くなっている

これの開放でポートレートを撮りたいなと思う反面、これも使用場所と用途が限定される

しかも単焦点だから不便だ

ただこの不便さを受け入れるのもありかなと思う

70-180mm F/2.8 Di III VXDなら何でも撮れるだろうが、おそらく使っていて面白くない

逆に尖った135㎜の単焦点の方が面白いかなというのもある

男はいつまでも尖っていたいものなのだ

3.AFはどうか

やはり純正の方がAFの安心感がある

28-75mmも日常に使う分にはAFは問題ないが、たまに遅いなと感じることもある


特に望遠域はシビアになるから、そこがどうなっているのか

一部では速いという評価が上がっているので楽しみではある

4.さらなる望遠域が欲しくなるはず

180mmを使ったら更なる望遠域が欲しくなる

モータースポーツだと180mmは広角の部類だし、金網もぶち抜けない

使えるところはあるにしても結構限られると思う

だったら超望遠が欲しいなと思う

だからタムロンにはぜひ100-400mmクラスの望遠で安くてコンパクトでAFが爆速なレンズを作ってもらいたい

まとめ

とても魅力的なレンズなのはわかっている

でもいまいち踏み切れないんだよな・・・

28-75mmもいいレンズなんだ

でも問題なく撮れるからつまらなく感じてしまう

正直50mmの単焦点に変えたいなと何度思ったことか

でも結局は利便性が最高で使ってしまう

持ち運びしやすいコンパクトさとF2.8通しは最強

ニコンやキャノン、パナソニックでもF2.8は出ているが、でかいし高い

前のGMレンズも使ったからこそ、このコンパクトさのありがたみがわかる


SEL135F18GMも欲しいけど、使用用途が限定されて結局使わなくなるのではと・・・

そしてこれも結構大きいんだよね

気軽にこれでスナップとか難しそうだし、重くて持ち運びしなくなるかも

スーパーGTなども延期で今すぐ買う理由はないから、発売後にしっかりと比較します

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする