コロナを機にいろいろ考えてみた


多くの面で影響が出ている

コロナウィルスの猛威はすごいものだ

経済の面で大きな打撃を受けているし、スポーツ界でも中止や延期が相次いでいる

自分が行く予定だったスーパーGTも延期になった


仕事でもその影響は甚大だ

会社員もそうだが、フリーランスは特に営業が甚大だ

固定給がないからこそ仕事をしなければいけないが、その仕事がない状態だ

仕事がゼロになったら食べていけない


まさに死活問題

連日コロナのことばかり報道される

しかし情報が多すぎて何を信じたらいいのかも分からなくなってきている

そんな中自分たちはこれからどのようにしていかなければいけないのだろうか

一度原点に帰ろう

僕が思うに一度原点に帰るべきだと思う

それは規則正しい生活という原点


現状これといって有効な特効薬やワクチンなどがない状態だ

だからこそ自分の免疫力でコロナを退治するしかない

そのためには規則正しい生活をして免疫力をあげる

清潔にして、栄養のあるものを食べて、適度に体を動かして、十分な睡眠をとる

これに限るのではないだろうか

そして未来のことを考えよう

今まで当たり前だったことが当たり前でなくなる

それはいつそうなってもおかしくないということをコロナは教えてくれた

今まで当たり前のように会社に通勤していたのが、テレワークを導入する企業が増え通勤するのが当たり前でなくなった

今の常識は明日の非常識にもなりえるのだ

新しい常識に対して順応していかなければ自分の未来はない


過去のやり方にこだわるのも大事だが、そればかりではいけない

そして国になんとかしてくれ、援助を求める声も上がる

意見をするのは大事なことだが、国の政策が間違っているといってもその声は届かない

いくらテレビでコメンテーターが批評していてもそれはただの遠吠えだ

大事なことは自分や大事な人のことは自分で守る

国の政策を批判することにエネルギーを使うより、自分のできる範囲で自分達の未来をよくするためにエネルギーを使う

これが一番大事なのかなと思います

まとめ

東京でも感染者数が増え始めて自粛ムードが一気に強まっている

しかし自粛は飽きたのか深く考えていないのか、平気で出かけたりといったことが問題になっている

4月だと桜が咲いているし気温も暖かくて出かけたくなる


しかし空気中にさまよっているコロナはたくさんあるだろう

自分は感染しなかったとしても自分の持つ菌が周りの人を感染させることもある

もっというと自分や周りの人だけでなく、自分が行った店や公共交通機関などすべてに影響が出る

実際には店や公共交通機関で感染しなかったとしても、感染場所はわからない

そこを利用したというだけでもアウトなのだ

自分の行動が下手したら店をつぶすことにもなりかねない

思っている以上に影響が出るからこそ、こういう時の行動は細心の注意を払わなければならない

自粛は確かにつまらない

だからこそ今までできなかったことをやってみるのもいいかと思う

勉強だったり読書だったりこういうときでも出来ることはたくさんある

冬の次は春が来るように必ず終息の時期が来る

その時まで腐らずにとにかく今を楽しもうではないか

コロナの不安に押しつぶされる毎日はもうたくさんだ

自粛も受け入れ予防対策もして最大限日々の生活を楽しんでいこう

コロナが終息したらやりたいことをいっぱい考えながら

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする