必要なものを摂るより必要ないものを摂らないという発想


栄養あるものを摂ると疲れる

世の中のテレビや雑誌ではこの栄養素が〇〇の効果がある

こういった情報が氾濫しており、全て追いきれない

まさに仕事に追われている状態と一緒だ

日本人は熱し易く冷め易い人種だと思う

自分はそうで、体によくても1,2週間で飽きてしまい別なものを追い求める

正直その動きに疲れたなという感じだ

それなら必要なものを摂るより必要ないものを摂らない方が楽かなと

その前に

もちろんその前に体に蓄積されているものをデトックスしなければいけない

意外と揚げ物や人工甘味料、アルコールなどで体や臓器へのダメージは蓄積されるのだ

そこでクロレラを飲むことにした

様々な本を読んで腎臓の調子を良くすることで体調が良くなるとの情報を得た

その中で高城剛氏の本でクロレラとクレイを飲むといいと


自分の場合こうしたサプリメントは続くか分からない

買って飲まなかったら元も子もないので、とりあえずクロレラだけにした

自分でもびっくりだが、購入してから1ヶ月毎日飲み続けている

錠剤で1日10錠を目安と書いているが、錠剤をそんなに飲みたくない自分にとっては億劫になるかなと思った

そこでこれからも継続とさらなる効果を期待してクレイも飲むことに決めた

自分の感覚の中でクロレラを飲んで2週間くらいして、ちょっと体調良くなったかなという感じがしてきている

これは気分によるところかもしれないが、とにかく飲み続けようかなという感じだ

そしてそれに合わせて自分にとって必要ないものを摂らない様にしようかなと思う

1.アルコール

ここ最近までは毎日アルコールを飲んでいた


大体は350mmのビール1本だが、それでも翌日残って気だるい感じがしてきた

さらに寝付きも悪くなって上手く寝れないことも出てきた

若い時なら多少気だるくても問題なかったが、今は結構ひきづることがある

それに仕事する上で体調が優れないのは、プロとして失格だなと

休みの日には気だるさで1日寝て過ごすこともあったりしたが、これは時間がもったいなく感じている

これらに耐えられなくなって意図的にアルコールを飲まない様にした

もちろん友達と飲むことはあるし、その時は思いっきり飲んだりする

ただ翌日に飲み過ぎを後悔することもあるため、もっと自制しないとダメですね

昔は飲むことがかっこいいと思っていたが、今は飲めるけど飲まない自分がかっこいいという価値観です

2.揚げ物

揚げ物食べるとここ最近胃もたれがするんですよね

唐揚げやトンカツを食べるのがキツくなってきている

週2から3くらいで食べていたマックのポテトとかも月1くらいになった

まあ外で使われている油が悪いのもあって、余計に胃もたれするのかもしれない

ラーメンもたまに食べたくなるが、背脂たっぷりの豚骨なんか無理だ

天下一品でもあっさりを食べるし、背脂いらないという

自分は昔ながらの中華そばが一番好きだ

3.炭水化物

もともと米は好きで必ずご飯2杯や3杯は食べていた

お酒を飲んでいてもご飯はお代わりすることもあった

ただ炭水化物の摂りすぎで若干体に異変が出てきた

そこで減らしてみたら不調の幅が狭まった

最終的に0にするのは不可能だし、医者の中には炭水化物は摂ったほうがいいという人もいる

だから極力控えめにしていこうと思う

缶コーヒー(甘いもの)やレッドブルなど

缶コーヒーもブラック以外のものを飲んでいた

そしてレッドブルも好きで飲んでいた

ただいずれも角砂糖の量が尋常でないくらい入っていると知った時から飲めなくなった

今は水または烏龍茶、ブラックコーヒー、100%のオレンジジュースくらいしか飲んでいない

まとめ

人間いつかは死ぬ

ただその限られた時間を優れた体調で駆け抜けられれば、人生は豊かになるのかなと思う

そんな人生何が楽しいと思うかもしれないし自分も思っていたことがある

ただ自分にとって不快なものを身に纏っていたら、それはストレスになる

ストレスは万病の元になるからこそ、ストレスコントロールは大切だ

こうした不快なものを極力取り除くことが大事なのかなと思う

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする