ニコンの足りないピースを埋める。AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRを購入

スポンサードリンク
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]

足りないピースを埋めるために

もともと望遠用に買ったニコン D500


しかし持っているレンズはAPS-C用の35mmとフルサイズ対応の300mmのみ

D500の焦点距離で換算すると52.5mmと450mmと極端なのだ

当然であるがこの間の焦点距離を埋めるレンズがほしい

でもフルサイズ用で買うと高いし大きい

それで悩んでいた時に出会ったのがこれ

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR


APS-C専用のレンズだが、D500用で換算すると105mmから450mmまでを埋めるレンズ

小さいけど侮れない

正直APS-C用ということで侮っていた

見た目も小さく、これで本当に写るのか

今回中古だったので1万ほどで買えたが、新品だと4万以上する

もう少しお金を出せばフルサイズ用のレンズを買うことができる

APS-C専用のレンズに4万以上出すのはどうかという葛藤があった

なので中古を買ったのだが、その不安は杞憂だった

実際に使ってみて

とにかく小さいから持ち運びが便利で、鞄にいつでも入れておくことができる

415gと軽いので荷物の負担も少ない

本当に小さくて300mm F4と比べてみた


後はCanonのLレンズの70-300mm


これは直径、長さ、重さがまったくと言っていいほど違う


Canonはフルサイズ対応だからこの大きさにはなってしまう

ちなみに僕このCanonの70-300mmのLレンズ好きなんですよね

最近出たLレンズでない70-300mmもとても良い

それは置いといて、とにかく小さい

実際につけてみるとレンズが細いからか、D500の大きいボディーとアンバランスだ


もっと小さい一眼レフならちょうどいい大きさになる

作りもシンプルで手ぶれ補正やフォーカスの切り替えスイッチがまったくない

全てボディー側の設定を変更して切り替える必要がある

これも面倒ではあるが、値段などを考えたらしょうがない

マウント部分もプラスチックだ


写りに関しては問題ないと思う

そしてフォーカスについても文句ない

D500の性能も相まってとてもよく追ってくれる

実際撮った写真

ここで実際に撮った写真を載せたいと思う

撮影したのはこの前の富士スピードウェイだ


時速200kmオーバーで走っているストレートで撮ってみた

最初はフォーカスがきちんと合うのか心配だった

しかし実際に撮ってみるとバッチリ合っている

きちんとマシンに対して食いついてる

D500の性能にしっかりとマッチしてると自分は思う

まとめ

ワイ端でF4.5スタート、テレ端でF6.3スタートと暗いレンズではある

しかし使う状況によっては問題ない写真を撮ってくれる


300mm F4と焦点距離がかぶるが、やはり単焦点ならではのキレがある

それとF4とF6.3ではだいぶ違ってくるので、これは今後も使っていく

何よりテレコンをつけることができるのが大きいのだ

最初はこの小さいレンズで大丈夫かよと思った

ただ実際に使ってみて良かったと思う

APS-C専用ではあるが、だからこそのコンパクトさがいい

焦点距離が70-300mmと幅広いため、使い勝手はとても良い

小型で機動力の高いレンズ、堅牢性の高いボディーの組み合わせ

最高ではないだろうか

もっともっとD500を使っていきたい

そう思えた

又感じたことがあったらレビューしてみたいと思います

ではまた

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする