SONY FE 24-70mm F2.8 GMを購入。普通のモノが普通に写る極められた標準ズームレンズ

スポンサードリンク
IMG_0899

普通が一番


誰が言ったかわからないが、「普通が一番」

人生普通が一番つまらないことでもある反面、普通に生きることがどれほど難しいか

人間誰しも欲があるし、その欲があるからこそ普通を抜け出すために一発逆転を狙う

世の中一発逆転なんてない。運も実力のうちという言葉があるが運がある人は自分で運を作る

普通のことを普通にこなして積み重なったものが運となり実力となる

普通には何も面白味もないし、退屈だ

ただその普通を極めていくのが楽しいし大きな一歩へとつながります


極められた標準ズームレンズ、FE2470 F2.8GMを購入


そんなことで標準ズームレンズを購入

IMG_0901

Sony FE2470 F2.8 GM

理由としては欲しかったから。それ以上でもそれ以下でもないです

24mmから70mmの範囲をこれ一本で写すことが出来るレンズ

いわゆる標準ズームレンズと言われる部類で普通の画角

ただ写る範囲は普通でもF値が2.8通しと、飛び抜けた性能を持つ標準ズームレンズ

ボケを意識した写真や暗い所でも明るく写すことが出来るオールマイティーな一本

細かいところまで写しだす描写力があるからこそ、普通に撮ったものが普通に写る素晴らしさ

普段見慣れている景色も一変させてくれるレンズです


もともと標準ズームレンズは持っていたが・・・


ズームレンズは同じ焦点距離であるカールツァイスのF4を使用

IMG_6565

軽くてコンパクトだし気に入ってはいましたが、使っていくうちにいくつかの不満が・・・

1.マニュアルフォーカスへの切り替えが面倒


今のソニーのレンズってレンズ側でフォーカスをマニュアルかオートに変えられる

しかしこのレンズが出たのは4年くらい前かな

だからそんな機能はないんですよね

しかもフォーカスがなかなか合わないから、マニュアルにするけど面倒でシャッターシャンスを逃すという・・・

IMG_8904

Gマスターはもちろんですが、写真の85mmF1.8にも同じようについてます

これが非常に便利で良く活用しています


2.やはりF4は暗い


これF4通しですが夜はやはり暗いなと

F4だからISO感度上げて対応するしかないけど、そうすると写真にノイズが入る

後で見てげんなりした事もしばしば

昼間とかであれば問題ないでしょうけど、夜景を撮りたい自分としてはちょっとという感じ

夜に撮影するとなれば三脚で長時間露光するしか方法がないです


3.ボケない


一眼の魅力ってボケる写真が撮れる事

全体がしっかりと写っている写真は正直スマホで十分

それが理由で一眼を買ったのに、F4だとあまりボケない

もちろん70mmを積極的に使用してボケを作りましたが、それでももう少しボケが欲しいなと

DSC08071
画質は問題なかったんですけどね。


実際に使ってみてのインプレッション


実際に使ってみての感想が普通のモノが普通に写る

これに尽きます

カメラってセンサーに今見ているものを記録させますが、その際に必要なのがレンズ

レンズを通してセンサーに光が届き記録されますが、レンズの質が悪ければ光が完全に入りきりません

つまり目で見たと違うモノになる

IMG_0903
使うガラスや構造などで変わってくるため、普通のモノが普通に写せるってなかなか難しいのですが、それをサラッと行えるGマスター

これはすごいなと感じます

そして実際に何枚か撮ったものを。全てjpeg撮って出しです

DSC00839
DSC00850
DSC00834
DSC00767
DSC00759

ボディーはα7Ⅱの為2420万画素ですがそれでも違いが分かるくらい

これが4240万画素のα7Rならどうなるのか。興味が出てきます

ボケもF2.8と単焦点レンズと比べるとボケないですが、それでも十分かなと思います

これならポートレートでも問題なさそうですね


Gマスターを得るために失ったもの


人間何かを得るためには何かを失います

そんな自分もGマスターを得るために失ったものがあります

お金ももちろんですが、それ以外の部分です

ppc_1manensatu4mai

1.気軽さ


ツァイスのレンズと比べて重さも2倍の約900グラム、全長も長くなりました

正直気軽に持ち運べるものではなくなりました

ただ荷物はもともと少ないのでカバンの収納は平気かな


2.シャッターチャンス


大きくなったため撮りたいときにサッと撮りだすのが億劫に

だからスナップ撮るときにはちょっとマイナスかもしれません

じっくり構えて撮影する時や常に首からぶら下げて持ち歩くなら問題ないですが


まとめ


先ほど普通のモノが普通に写る素晴らしさと言いましたが、普通のモノを普通に写すのがどれだけ難しいか

そして普通に撮りたくてもレンズが普通に撮れなければしょうがない

いつも見慣れている普通のモノが普通に撮れるレンズ

IMG_0900
標準と言われる24-70mmをカバーできる一本ですが、やはり広角や望遠の方が撮ってる方も見る方も楽しい

普段見慣れている標準域だからこそ、見慣れない広角や望遠の方に目が行き立ちですし撮影したがります。もちろん僕もですが・・・

しかし普通の画角できちんとした写真を撮ることが出来れば、広角や望遠でもちゃんとした写真を撮ることが出来る

普段見慣れている普通の画角だからこそきちんと撮影するのが難しいが、それが出来ればおのずと広角も望遠もいけるのかなと思います

描写力やとろけるボケはもちろんですが、この武器は普通のモノを普通に写せるレンズ

IMG_0902
もし次のレンズに迷っている人がいれば使ってみてはいかがでしょうか

決して安くはないですが長く使えますし、その性能に満足するはずです

Ps.つぎは70-200 F2.8GMが欲しいです・・・

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする