Nikon のフラッグシップ機D500。未知なる連写とフォーカス性能を手に入れた

スポンサードリンク
DDN02290

やっぱりD500だった


前回のブログであれこれ迷いまくっていた

D500かEOS 7D markⅡかα6500かOM-D EM1 markⅡかα7ⅢかX-T3か。新しいカメラと望遠レンズがほしい
新しいカメラを欲しい理由 やはり転機となったのはF1日本グランプリ 時速200kmを超えるスピードのマシ...


いろいろ考えたけど、やっぱりこいつに決めた


D500

DDN02290

なぜこいつに決めたかは後で書くが、もちろん無駄にお金を使うつもりはない

これを手に入れるためにいろいろ売却

・Canon EOS 70D

・Canon 18-135mm

・TAMRON 100-400mm

・SONY 2470GM


最初は上のCanonとTAMRONにする予定だったけど、約5万足りない

そこで2470GMを売ってTAMRON 28-75mmにしてお金を捻出

以前モニターした際に写りはあまり変わらないし、寄れる

オートフォーカスが若干遅いといわれるが、別に動きものは撮らないからいいかと

DDN02284

全てマップカメラに売って28万ポイントに

ポイントにすると10%プラスだし、以前に買っていると3%プラスの合計13%プラス

本当にマップカメラは偉大ですね

それで一気に買い物

そんなこんなでD500を手に入れた


D500と7D markⅡとα7Ⅲと比較


最終的に7D markⅡかα7Ⅲと迷った

ただそれぞれ比較してみてしっかりと決めたつもり


7D markⅡと比較して


・タッチパネルの有無

・ボディー単体で重くなる

・純正で100-400mm以外のズームがない

・Canon EOS70D売るだけでは買える金額ではない


これですね。タッチパネルでないため、タッチでピントを合わせられない

DDN02297
三脚に据えての撮影が難しいかなということ

ボディーもD500に比べて100gほど重くなるのもマイナス

そしてNikonにはある純正の200-500mmのズームレンズ


しかしCanonでは100-400mmまでで、あとは単焦点レンズ

シグマやタムロンから150-600mmはあるが、やはり純正の方がフォーカスはいいかなと

そしてEOS 70Dを売っただけではボディーも買えないこと

7D markⅡを買うためにSONY 2470GMは売りたくないかなというところ


α7Ⅲと比較して


正直α7Ⅲを買うのもありかなと思った


連写性能も申し分ないし、フォーカスもいいと聞く

何よりEマウントで共通化できる

しかし・・・


・望遠レンズが高い


これに尽きる

やはり100-400mmを買うとなるとそれだけでも約30万


さらにα7Ⅲが23万ほどなので約53万

70Dとか売っても40万近く追加しないと買えないです

そこまでは出せないですよね・・・

サードパーティーもないので(シグマのMC-11を使えばいけるが動きもののフォーカスは怪しい)


D500にした理由


結果的にD500にした理由

それはフォーカスと連写はもちろんのこと、フラッグシップ機だから

DDN02291
やはりそのメーカーのフラッグシップ機を使うのがロマンかなと思うんですよね

それに迷ったら欲しかったものを選ぶと後悔がないですし

あとは望遠で使うと割り切っているから、SONYにしなくてもいいかなと

それにせっかく2470GMを売るのであれば、売るに値するカメラを買いたかった

性能やデザインでD500がいいと決めたからこいつに決めた

こればかりは直感です

これなら後悔しないなと、最終的にはそれです


まとめ


あとは望遠レンズを手に入れたいですが、マップカメラに200-500なくて・・・

さすがにレンズがないと使えないのでこれを購入

Nikon 24-70mm/f2.8

DDN02305
手ぶれ補正が付いていない旧型の大三元ズーム

なぜこれにしたのか・・・

ポイント余っているし、将来的にマウント変えても使えるかと考えたら・・・

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!

って感じで買ってしまいました


手ぶれ補正なしの旧型とはいえ新品で買えば20万位するもの

中古で9万だが状態良かったし、欲しい単焦点なかったし、これでいいかなと

ところどころ剥げていますが、使う上では問題ないかなと

使ってみての感想はまた書きます


はじめてのNikonでまだ使い勝手はわかりませんがとても楽しみです

詳しいことはまたレビューしますのでお楽しみに

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする