もうすぐ1年。Sony α7Ⅱをiphoneも駆使してカッコ良く撮ってみよう

スポンサードリンク
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]

どうせクリーニングするから撮ってみよう


僕が普段使っているカメラのα7Ⅱ

IMG_5637

購入したのが去年の9月23日ともうすぐ一年

気づけば1年も使っていたということで、月日の経過の早さを感じる

ただそれよりも大事なことがsonyユーザーにはあって

購入から1年間はセンサークリーニングとレンズ1本を無料でクリーニングしてくれる

その存在を知らなくて、先日ソニーの営業に教えてもらいさっそく予約

無事に予約も取れたので一安心と思ったのだが、そこで思いついたことがある

どうせクリーニングするのであれば今のうちにむき出しのセンサーとカメラを撮ってみよう

それも箱の写真や宣伝写真のように挑戦してみようではないか

そんなことで夜8時から格闘して撮ってみました


今回使用した機材


今回使用した機材はこちら

・canon EOS 70d canonのAPS-Cセンサーが搭載されている一眼レフ

IMG_0765

・canon 18-135mmズームレンズ もらった70dについてきたキットレンズ

・三脚

IMG_6547

・iphone7  今回の撮影で欠かせない存在

IMG_8753
・ストロボとディフューザー こいつは最後のほうに使用

DSC09105
DSC09102
これらを使ってかっこよく撮ってみました


撮り方


撮り方はとても簡単です

1.三脚とカメラ、被写体をセット

2.被写体の位置やアングル、焦点距離などを細かく確認

3.部屋の電気を消してiphoneのLEDライトのみを点灯し被写体を照らす

4.ライトの当たる角度によって写り方が変わるため、どの位置からあてるかをチェック

5.あてる位置が決まったらピントを合わせてシャッターを押す。


E9576937-AC07-4169-B288-88C84C4D5AAF
撮り方としては以上ですが、気をつけるべきことがあります


1.他に光が入らないようにする


部屋を真っ暗にしていても、テレビやパソコンなどの待機中といった光が付いていることも

それが写りこんでしまう可能性があるので、完全に真っ暗かを確認してください


2.ミラーアップを忘れずに


これは一眼レフを使っている人になりますが、ミラーアップして必ず撮影しましょう

三脚を使って長時間露光で撮りますが、最後のミラーショックでカメラが動いてぶれてしまう可能性があります

そのためミラーアップしてぶれないように注意して撮影しましょう


3.タッチシャッターで撮ろう


シャッターを押して撮ろうとすると、シャッターボタンを押した力でカメラがぶれることがあります

そのためライブビューとタッチシャッターをオンにして、タッチでピントを合わせてそのまま撮るようにしましょう

そうするとカメラは動かないのでブレの可能性は低くなりますが、タッチするときにも優しくしてください

強くタッチするとそれだけでブレてしまいますので

ちなみにα7Ⅱはタッチシャッターの機能ないんですよね・・・

α7Ⅲにはあるみたいですから、これはちょっとうらやましいです

そのため今回の撮影では70dが大活躍でした


4.LEDライトは大事


今回部屋を暗くしている

もちろん真っ暗であれば何も映らない

いくらピントを合わせようにも真っ暗ではピントを合わせようがない

そもそも対象物が見えないのだから

そこでLEDライトを照らしてピントを合わせるが、ただ明るくしても意味がない

ピントを当てる部分は明るくても、他の部分も明るくしすぎても意味がない

大事なのはどの部分を明るく、そしてどの部分を暗くしていくか

LEDライトを当てる場所を調整して決めていく

そのためにライブビューを使っていく必要がある

同じ位置の写真でもLEDライトを当てる場所によってこんなにも変わってくる

168BB9C6-597C-439B-A917-C0303BDD1F70
008B56D9-4B16-46E4-BE13-8D237CED854F
自分の納得できる位置を探してから必ずシャッターを押しましょう



まとめ


今回は身近にあるものをうまく使えないかと思ってiPhoneのLEDを使ってみた

実際に思っていた以上によく撮れたなと思う

ただこれだと手持ちでの撮影は無理なので三脚は必須です

ストロボも使って同じように撮影したのもあるのでこちらも載せてみたい

4E50141B-52B6-4075-990F-8C4277089BB4
197E648C-1C68-40E3-89CB-EC789CAE9873
548E7EA9-927E-4EEA-B13F-AE4CF49BC862

僕個人としてはセンサー部分の光、そしてボディと暗闇の境目がギリギリわかる感じ

上手く撮れたなと気に入っている

ストロボを使うと手持ちで撮れるのでいいのだが、均一的に光が当たる

ただストロボでカメラを撮りました的に見えてしまう

三脚は必要だけれども、わざわざストロボを買わなくてもここまで撮れる

今までと違った物撮りとかしてみたい人は試してみると面白いかもしれない

ちなみにsonyではサービスの改定により購入してから1年以内の無料クリーニングが終わってしまいました


正直ふざけるなという感じで

いつもレンズ交換する時にブロワーでやってたんですけどね

それでも汚れるからこれは定期的にやらないといけないやつです

だったらレンズ交換する時にシャッターで閉じる機構をつけてもらいたいですよ

これだけで正直canonのミラーレスに乗り換えたくなりました

ただ今回はまだ微妙な感じなので2代目に期待してそこでマウント乗り換えの判断したいと思います

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする