スーパー耐久シリーズ 富士SUPER TEC24時間レースをニコンD500で撮る。1日目〜レースクイーンもいるよ〜

スポンサードリンク
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]


待たせたな




この言葉で渡辺正行が思い浮かんだあなた、かなりの年配です




この言葉でメタルギアが思い浮かんだあなた、かなりのゲーマーです




この言葉でオードリー春日俊彰が思い浮かんだあなた、アイドル好きですね




僕はこの言葉をD500とAF-S NIKKOR 300mm f/4 PF ED VRに言いました











ようやく自分の使いたい用途で使えるんですから、テンションが上がります







人生で初めての富士スピードウェイ




小田急電鉄の新松田で降りて、御殿場線の駿河小山駅で下車




御殿場線は電車の本数がなくて、1本乗り遅れたら30分以上は待ちます




ちなみに駅の周りに時間つぶせるところはないので、乗り遅れないように注意




今回は9時過ぎからピットウォークなるものがある為、9時頃には着きたい




そこで8時30分に駿河小山に着いてからタクシーで富士スピードウェイへ




ちなみに駅前にタクシーは止まっていないので、あらかじめ電話で予約した方がいいです




駿河小山でタクシー乗っても約3700円でしたので、御殿場に行くよりいいかもしれません




ただ駿河小山はコンビニや時間つぶせるところはありません




買物は新松田で済ませておいた方がいいです




ちなみにタクシーで行く時に東ゲートから入る場合にはメインスタンドまでかなり歩く




タクシーで東ゲートからメインスタンド前まで入ってもらった方がいいです




富士スピードウェイに着いて




せっかくだからピットウォークとグリッドウォークも行きたい




ということでパドックパスを購入




これがあればピット裏も普通に歩くことができるパスだ




選手とか関係者がうろうろしている




8000円と値は張るが買っておいた方がいいと思うし、楽しみも増える




レースクイーンの人もいてこんな風に撮影している




せっかく良い被写体になってくれる人がいるわけだから、撮らない方が失礼かなと(笑)








<h4>ピットウォークへ</h4>




ピットウォークまで時間があるから、メインスタンドへ












決勝に向けての最後の調整で走っていました




久しぶりのサーキットで、エンジン音を聞くと否が応でもテンションが高まる




そしてニコンD500を手に撮影




鈴鹿以来のサーキット




グランドスタンド前のストレートは1.9kmと長くスピードも乗っている状態で来る












久しぶりの撮影ということもありなかなかマシンをとらえることができず




何度やってもやはり合わない




とりあえずピットウォークが迫ったから行くことに




とにかく人が多い
























レースクイーンもたくさんいるからか、それ目的の人も多い
















まあこうやってメカニックの作業風景とかマシンを間近で見ることができるのも車好きにはたまらないですよね












オールドカーレースを眺める




その後オールドカーレースも行われていて、決勝前の練習ということで再度撮影
















遅いスピードであればいけるけどなかなか・・・







F4の決勝レースでのグリッドウォーク




F4の決勝レースが開催される前、グリッドウォークも行われた




ただ人気がないのかわからないが、ほとんど人がいないんですよね








サーキットのコースに入って初めて、コースってこんな広いんだ












そしてそこから見える景色に感動した




ポールポジションってこんな風に見えるんだとか、まるで子供になった気分だ








スターティンググリッドに並んでいるマシンはこんな風に見えるのか








このマシンのこのアングル、いいなあと感じたり












とても楽しかったです




こんな景色を見ることなんてなかなかできないのに




なんか勿体ないなあと思います







<h4>グリッドウォーク2回目</h4>




今度は本命のグリッドウォーク




これはF4のときの何百倍もの人がいました




とにかく人・人・人




これはすごい




そりゃあ有名ドライバーもいるし、名の知れたマシンもたくさんだし
































誰もがこっちのグリッドウォークは参加したくなりますよね







決勝スタート




15:00から長いレースのスタート




24時間後の15:00まで走り続けます




F1と違って幾つものカテゴリーのマシンが混在するレース




いうなればF1とスーパーフォーミュラが一緒に走るもの




速いマシンもあれば遅いマシンもあります




単純に速いだけでなく、遅いマシンをいかにパスするか




このテクニックも重要になってきます




やはり多くの人の心をとらえたのが日産GT-R




エンジン音もそうですが、ホームストレートの速さは圧巻でした




いろんな場所に行き撮影しましたが、望遠単焦点を持っている人がたくさん




やはり憧れはあるものの、それで機動力が落ちるのも嫌だなと







今回持っていった機材




今回持っていった機材はこちら








・ニコンD500








・ニコン AF-S NIKKOR 300mm f/4 PF ED VR








・ニコン AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR








・SONY α7ⅲ








・TAMRON 28-75mm F/2.8 Di ⅢRXD




D500と300mm f/4がメインですが、300mm(D500では450mm)以下の距離を撮るのが難しい




そこで70-300mmの望遠ズームも持ち込み




これについてはまた書きます




後はSONY α7ⅢとTAMRON 28-75mm




正直レンズ交換が面倒になっているので標準域と望遠域でカメラを2台持つ方が楽です




1日目に撮った写真を




実際に撮った写真を載せていきます






































まとめ




昨年のF1日本グランプリ以来のレースでしたが、楽しかったです




途中トラブルもありましたが、何とか無事に過ごすことができたのかなと




ただ朝9時ごろから連写モードで撮影していた為か19時ごろにはバッテリーが無くなるという事態




α7Ⅲはあったものの望遠が使えないとなればということで、退散




花火や夜の走行シーンを撮れなかったのが悔やまれます




また来年リベンジしようと思っております




次回は2日目のことを書きますので、楽しみにして頂ければと思います




ではまた

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする